「マサイ」のPRで、本物のマサイ族戦士が来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年11月15日 > 「マサイ」のPRで、本物のマサイ族戦士が来日
メニュー

「マサイ」のPRで、本物のマサイ族戦士が来日

2005年11月15日 12:00

会見場を踊りまわって記者を驚かせた マサイ族の戦士たち「マサイ」

会見場を踊りまわって記者を驚かせた
マサイ族の戦士たち
[拡大画像]

アフリカの大地を舞台に、“サバンナの貴族”と呼ばれるマサイ族の戦士の活躍と成長を描いたスペクタクルドラマ「マサイ」。本作のPRのためパスカル・プリッソン監督と主演のマイナ・マコパルカシオ・ムンテットが来日。11月9日、東京・渋谷のセルリアンタワー東急にて来日記者会見を行った。

マサイ」はプリッソン監督が12年間、ケニアにあるマサイ族の村に通いつめ、友情を築いた後にようやく撮影の許可をもらい、作り上げたドキュメンタリータッチの劇映画。製作での苦労を聞かれた監督は「とにかく演技をつけるのが大変でした。彼らには『戦士が弱い』という考えがなく、『弱者』としての戦士を演じたがりませんでした。だから架空の人物を演じているということを分からせるのに非常に苦労しました」

一方、マサイの戦士マコは、初めての演技について「太陽を見つめることだけでもとても難しかったですが、監督や撮影スタッフの私たちに対する敬意のお陰でなんとか乗り越えることが出来ました」。また、ムンテットは「戦闘シーンが大変でした。我々は普段疲れたり、暑かったりすると休んでしまうのですが、撮影は暑い中長時間で行われたので辛かったです」と話し、会場から笑いがこぼれた。

会見の最後には、服飾デザイナーの山本寛斎が登壇し、寛斎デザインの衣装を2人に着せて写真撮影を行った。「マサイ」は12月、テアトルタイムズスクエア他にてロードショー。

マサイ[DVD] マサイ[DVD] 最安価格: ¥2,165 干ばつに襲われたマサイの村を救うために、若きマサイ戦士たちが命を懸けた旅に出た…。構想12年、撮影時間2,000時間、マサイ族の文化を描き出したドキュメンタリータッチドラマ。監督:パスカル・プリッソン

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi