日本人監督が、デスクトップ1台で作った凄い映画 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年11月15日 > 日本人監督が、デスクトップ1台で作った凄い映画
メニュー

日本人監督が、デスクトップ1台で作った凄い映画

2005年11月15日 12:00

「天然性侵略と模造愛」「スター・ウォーズ」

「天然性侵略と模造愛」
[拡大画像]

スター・ウォーズ」や「マトリックス」のみならず、最近の映画はその大部分がデスクトップ(=コンピューター)で作られるようになっている。もちろん日本でも、大ヒット中の「ALWAYS 三丁目の夕日」に見られる通りその傾向は同様なのだが、そんなデスクトップ・ムービー全盛時代にあって、監督が1人でほとんどのパートを担当したという極めつきの映画が今週公開される。

その映画は、今年のプサン国際映画祭にも正式招待された「天然性侵略と模造愛」で、監督・脚本・撮影・編集・VFX・美術・音楽のすべてを手がけたのは山岡信貴。65年、大阪生まれの山岡は、93年のぴあフィルムフェスティバルで審査員特別賞を受賞したのを皮切りに、ベルリン映画祭ほか海外の映画祭から続々招待されている、知る人ぞ知る異能の存在なのである。

今作は、見知らぬ人物から「3カ月間、自分をやめたら50万円やる」と言われた男が、それを機に自分の身に起こる異変を描いたSFホラーアクション。作風は、よく言えば「クローネンバーグ風」、悪く言えば「ワケが分からない」と見る者によってまちまちだが、黒沢清監督らが絶賛する才能は、秋葉系の諸君ならずとも一見の価値があるだろう。11月19日より渋谷アップリンクにて公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi