2度目のパルムドールを受賞した兄弟監督が来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年11月8日 > 2度目のパルムドールを受賞した兄弟監督が来日
メニュー

2度目のパルムドールを受賞した兄弟監督が来日

2005年11月8日 12:00

54歳の兄ジャン=ピエール(右)と 51歳の弟リュック「ある子供」

54歳の兄ジャン=ピエール(右)と
51歳の弟リュック
[拡大画像]

本年度カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した「ある子供」の監督、ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟が来日し、11月1日、セルリアンタワー東急ホテル(東京・渋谷)で記者会見を行った。

ある子供」は、まともな職にも就かず、毎日盗みを働いてその日暮らしをしている青年が、恋人との間にできた子供を売ってしまったことで起こる事件と、それによってもたらされる彼の成長を描く人間ドラマ。99年の「ロゼッタ」でもパルムドールを受賞しているダルデンヌ兄弟の作品は、常に社会の片隅でもがく若者を描いているが、そのことについて2人は「若者は変わっていくことができるし、彼らには可能性がある。私たちは、社会がフタをして見ようとしない若者たちを信じているから」とコメント。また、今回は「父性とは何かを描いているが、同時に若い2人のカップルを描いたラブストーリーでもある。そこが今までとは違うんだ」と語った。映画に対する熱く真摯な想いを語る2人だったが、「いつも私たちの作品を公開し、受け入れてくれる日本の皆さんに感謝している。いつか日本に関係した作品も撮らなくてはならないかもしれませんね」とリップサービスも忘れなかった。12月10日より、恵比寿ガーデンシネマほかにて公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi