大友克洋最新作、製作資金をファンドで募る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年11月8日 > 大友克洋最新作、製作資金をファンドで募る
メニュー

大友克洋最新作、製作資金をファンドで募る

2005年11月8日 12:00

AKIRA」「スチームボーイ」などで世界に注目される大友克洋監督が、最新作として劇場用実写映画「蟲師(むしし)」に取り組むことがわかった。「蟲師」は、漆原友紀の同名人気コミック(講談社刊)が原作。明治時代後期を舞台に、人には見えない命の根元である“蟲”を感じることのできる主人公が事件を解決していくSFファンタジー。すでにTVアニメも放映され、人気を博している。実写映画版ではオダギリジョー、江角マキコが主演し、来冬以降に公開予定。大友克洋の実写映画は、91年の「ワールド・アパートメント・ホラー」以来2作目になる。

なお、本作はジャパン・デジタル・コンテンツ信託株式会社(JDC信託)が新たに組成した「開発型のファイナンス・スキーム」を適用。信託ファンド「シネマ信託~蟲師~」により、約10億円の総製作費のうち、製作費約2億6000万円、配給経費約3億7000万円を調達するという。ファンドの募集は来春で、1口5万円~10万円を予定してるという。詳細は下記JDC信託のサイトで。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi