現代の「オリバー・ツイスト」はゲーム好き? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年11月1日 > 現代の「オリバー・ツイスト」はゲーム好き?
メニュー

現代の「オリバー・ツイスト」はゲーム好き?

2005年11月1日 12:00

客席に手をふる日英の美少年「オリバー・ツイスト」

客席に手をふる日英の美少年
[拡大画像]

02年、「戦場のピアニスト」でカンヌ映画祭パルムドールやアカデミー賞監督賞を受賞したロマン・ポランスキー監督の最新作「オリバー・ツイスト」が、10月29日、第18回東京国際映画祭の特別招待作品として上映された。これに際し、来日した主演のバーニー・クラーク少年が会場の渋谷Bunkamuraで会見を開いた。

原作は言わずと知れた英国の文豪チャールズ・ディケンズの名作。19世紀のロンドンを舞台に、少年オリバー・ツイストが貧困に苦しみながらも、困難に打ち勝っていく物語で、バーニーは「頬が丸くなりすぎるといけないので、監督から甘いものを控えるように言われた」とか。しかし、そんなオリバー少年を演じたバーニーも、素顔はいたって現代っ子の様子で、初めての日本の感想を問われると「9月にイギリスでPSPを買ったけど、日本にはたくさん面白いゲームがありそうで楽しみ」とゲーム好きの普通の少年の顔を見せた。そして上映前の舞台挨拶では、12歳のバーニーと同い年で、天才子役として引っ張りだこの神木隆之介が花束贈呈に来場。バーニーは神木からゲームボーイミクロをプレゼントされたそうだが、「ゲームをもらったから言うわけじゃないけど、彼はとても素敵な人です」と、嬉しそうに語っていた。映画は06年正月第2弾公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi