テリー・ギリアム監督、街宣車に喧嘩を売る!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年10月25日 > テリー・ギリアム監督、街宣車に喧嘩を売る!?
メニュー

テリー・ギリアム監督、街宣車に喧嘩を売る!?

2005年10月25日 12:00

画像1

赤ずきんの上戸彩にご機嫌だった

テリー・ギリアム監督

鬼才テリー・ギリアム監督の7年ぶりの新作「ブラザーズ・グリム」。東京国際映画祭での上映に合わせてギリアム監督が来日し、六本木ヒルズアリーナで記者会見が行なわれた。監督は、ゲストの上戸彩と2人で白馬の馬車に乗って登場したが、映画にちなんだ赤ずきん風の衣裳をまとった上戸に、大満足の様子だった。

未来世紀ブラジル」「12モンキーズ」など、凝った映像と独特のユーモア・センスでカルト的人気を誇るギリアム監督が今回題材にしたのは、監督自身が少年時代に読んでハマったという“グリム童話の世界”。ところが「一番好きなグリム童話は?」と聞かれると、「どれも好きだけど、おとぎ話として一番好きなのは実はアンデルセンの『裸の王様』なんだ」と本音をポロリ。「大人たちが目をくらませて真実を見抜けなくなっているときに、子供だけが正直であるところが好きだね」と語った。また、熱烈なアピールを受けたという主演のマット・デイモンについては「とても優れた俳優。この作品で彼の笑いのセンスを堪能できるのでは」とコメント。弟役のヒース・レジャーについても「若いのに才能ある俳優」と称賛した。

今回の会見は会場が野外だったため、近くにいた街宣車の騒音に声がかき消されるというハプニングもあったが、監督はそれに応戦して大声をはりあげてみせるなど、相変わらずの茶目っ気ぶりを発揮して会場を沸かせた。「ブラザーズ・グリム」は11月3日より全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi