東京国際映画祭が開幕。高倉健「イーモウ監督を息子にしたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年10月25日 > 東京国際映画祭が開幕。高倉健「イーモウ監督を息子にしたい」
メニュー

東京国際映画祭が開幕。高倉健「イーモウ監督を息子にしたい」

2005年10月25日 12:00

年の差20歳の“親子”です「単騎、千里を走る。」

年の差20歳の“親子”です
[拡大画像]

10月22日、第18回東京国際映画祭が、六本木ヒルズ、渋谷Bunkamuraをメイン会場に開幕した。

開幕当日は、映画祭のオープニングを飾る「単騎、千里を走る。」のチャン・イーモウ監督と高倉健の会見が行われ、文革後の中国で外国映画として初めて上映された高倉主演の「君よ憤怒の河を渉れ」(76)を観て以来、「健さんは私のアイドルだった」と語るイーモウ監督は、「数多くの会見に参加してきたが、こんなに光栄で興奮する会見は初めて」と心情を吐露。一方、高倉も「来年で俳優生活50周年を迎えるが、そんな節目の年に素晴らしい監督・スタッフと仕事が出来て幸せでした。監督を養子にしたいくらいです」と、イーモウ監督に応えた。

また、同日夕方からはオープニングイベントが開催され、六本木ヒルズのけやき坂にひかれた過去最長250メートルに及ぶレッドカーペットの上を、上映作品の監督や出演者など150人が来場。沿道には6800人の見物客が押し寄せ、登場する著名人に歓声をあげていた。ここでも高倉は注目の的で、レッドカーペットのとりをイーモウ監督と2人で務めると、沿道からはひときわ大きな声援が送られた。国際映画祭への参加経験は何度かあるものの、レッドカーペットは初めて歩いたという高倉は、その感想を問われ、照れ気味に「もう二度と嫌です」と語り、会場の笑いを誘った。東京国際映画祭は、10月30日まで開催中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi