次世代DVD戦争、ブルーレイが有利に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年10月25日 > 次世代DVD戦争、ブルーレイが有利に
メニュー

次世代DVD戦争、ブルーレイが有利に

2005年10月25日 12:00

次世代DVDの規格を巡り、ソニー陣営の「ブルーレイディスク」と東芝陣営の「HD DVD」が激しい戦いを繰り広げている中、10月20日、ワーナー・ブラザースがブルーレイ方式の映画ソフトも販売することを発表した。パラマウント・ピクチャーズに続き、ブルーレイとHDの2種類のフォーマットを採用する2つめの映画会社となった。

今回のワーナーの方針転換で、ブルーレイ方式を採用していないメジャースタジオはユニバーサル・ピクチャーズ1社となり、HD DVD陣営は不利な立場に追い込まれることになった。ちなみに、ブルーレイのみを採用する映画会社にはHD DVDを支持する動きはなく、ユニバーサルもいずれブルーレイ方式の並行販売に乗り出すとみられている。ブルーレイ陣営のディズニーは「これで規格戦争を避けることができそうだ」とワーナーの決断を賞賛している。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi