ジャン=ピエール・ジュネ監督、次回作は「パイの物語」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年10月25日 > ジャン=ピエール・ジュネ監督、次回作は「パイの物語」
メニュー

ジャン=ピエール・ジュネ監督、次回作は「パイの物語」

2005年10月25日 12:00

主演はやっぱり オドレイ・トトゥ?「アメリ」

主演はやっぱり
オドレイ・トトゥ?
[拡大画像]

ヤン・マーテルのベストセラー小説「パイの物語」の映画化を、「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督が手がけることになった。「パイの物語」は、遭難事故に遭った16歳のインド人の少年が動物たちとともに漂流するという冒険小説で、もともとM・ナイト・シャマラン監督(「シックス・センス」「サイン」)が監督する予定だったが、オリジナル作品「Lady in the Water」を監督するために降板。続いて「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」を手がけたアルフォンソ・キュアロン監督が起用されたが、こちらも新作「Children of Men」を監督するために降板していた。

ジュネ監督は、「アメリ」「ロング・エンゲージメント」でもチームを組んだギョーム・ローランと共に脚本を担当。来年夏に撮影開始予定とのことだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi