ハリケーン・カトリーナ、映画界にも傷跡を残す : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年10月11日 > ハリケーン・カトリーナ、映画界にも傷跡を残す
メニュー

ハリケーン・カトリーナ、映画界にも傷跡を残す

2005年10月11日 12:00

キーラ・ナイトレイ主演の「ドミノ」が間もなく公開となるトニー・スコット監督だが、監督準備中だった新作スリラー「デジャブ」から降板することになった。デイリー・バラエティ紙によると、その理由は、ニュー・オーリンズを襲ったハリケーン・カトリーナの被害のため、撮影機材等の運搬に遅れが発生し、スケジュールの都合がつかなくなったためとのこと。

このアクシデントのため、配給のタッチストーンは脚本を変更し、他の監督を探すが、主演のデンゼル・ワシントンはそのまま残り、来年1月に撮影を開始する予定だという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi