ジョディ・フォスターの新作を客室乗務員がボイコット! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年10月4日 > ジョディ・フォスターの新作を客室乗務員がボイコット!
メニュー

ジョディ・フォスターの新作を客室乗務員がボイコット!

2005年10月4日 12:00

とんだとばっちり「フライトプラン」

とんだとばっちり
[拡大画像]

米航空会社の客室乗務員組合(AFA)などの労働組合が、ジョディ・フォスター主演で、2週連続全米ボックスオフィス1位を獲得している「フライトプラン」(06年正月第2弾日本公開)の内容に猛反発、約9万人の組合員に鑑賞をボイコットさせ、上映に反対する運動を起こしている。

同作は、ジョディ・フォスター演じる主人公の6歳の娘が飛行機内で突然行方不明になり、それを主人公が必死で探すというストーリー。同時多発テロ以降、乗客の安全確保を最優先課題としているAFAはこの内容に怒り心頭。また、乗務員らが「無愛想で、役立たずで、不親切」に描かれているため、映画を鑑賞した乗客が、乗務員への信頼を失う恐れがあると指摘し、別の2団体と共同で、上映反対運動を続ける方針だという。

一方、配給元の米ウォルト・ディズニーの広報担当は「スタジオも映画製作者も、最高のアクションスリラーを作ろうということ以外、何の意図もありませんでした。私たちは、観客の皆さんが、現実世界で日々素晴らしい仕事をなさっている客室乗務員と、フィクションとの違いを区別することができると確信しています」とコメントしている。

(C)TOUCHSTONE PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi