市川海老蔵、スクリーンデビュー。「出口のない海」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年10月4日 > 市川海老蔵、スクリーンデビュー。「出口のない海」
メニュー

市川海老蔵、スクリーンデビュー。「出口のない海」

2005年10月4日 12:00

大物スタッフが生み出す感動作に揃ったフレッシュな顔ぶれ (左より)上野樹里、市川海老蔵、伊勢谷友介「出口のない海」

大物スタッフが生み出す感動作に揃ったフレッシュな顔ぶれ
(左より)上野樹里、市川海老蔵、伊勢谷友介
[拡大画像]

歌舞伎俳優・市川海老蔵の映画デビュー作として来年秋に公開予定の戦争大作「出口のない海」の製作発表会見が、10月3日、東京・内幸町の帝国ホテルにて行なわれ、脚本の山田洋次、原作者の横山秀夫佐々部清監督、そして出演者の市川海老蔵、伊勢谷友介上野樹里らが出席した。

出口のない海」は「半落ち」の横山秀夫原作で、将来を約束されていた元甲子園優勝投手が、太平洋戦争勃発により、大きな時代の流れにのみ込まれ、最終的に人間魚雷「回天」に乗り込むというストーリー。主人公の元甲子園優勝投手を演じる市川海老蔵は「現代の若者が、同じような状況に置かれたら、死ぬ覚悟を決めて人間魚雷に入ることは、なかなか出来ないことだと思う。いま、『死ぬまでの時間が決まっている人の苦しみ』のイメージを、暗中模索しています。この映画を観て、若い人たちが『もう一回おれたち考え直そう』と思ってもらえたら」と本作への意気込みを語った。

また、海老蔵は自らのスクリーンデビューについて、「本業が歌舞伎役者なので、映画の話があったにせよ、やはりカツラをかぶる時代劇なのかなと思ってましたが、今回の話を頂いて、普段自分が出来ないことに挑戦するのもいいのかなと思いました。でも、(映画については)あれこれ考えたことはなかったですね」と淡々と語っていた。

本作は10月下旬に山口県下関でクランクインし、12月中旬にクランクアップ予定。来年秋公開となる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi