「皇帝ペンギン」、アカデミー賞に出品されない? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年9月27日 > 「皇帝ペンギン」、アカデミー賞に出品されない?
メニュー

「皇帝ペンギン」、アカデミー賞に出品されない?

2005年9月27日 12:00

フランス代表の座を奪われた「皇帝ペンギン」

フランス代表の座を奪われた
[拡大画像]

アメリカでロングランヒットを続けているフランス映画「皇帝ペンギン」が、来年のアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされないことが明らかになった。アカデミー賞外国語映画賞のノミネートは、世界各国から1本ずつ出品された作品群から選考されることになっているが、フランスは世界中でヒットを飛ばしている「皇帝ペンギン」ではなく、カンヌ映画祭のでプレミア上映された「Joyeux Noel」をフランス代表作として出品した。この決定について、「皇帝ペンギン」の共同プロデューサーは、「フランス映画界における政治的駆け引きの滑稽さを露呈している」とコメント。「『Joyeux Noel』など、カンヌ映画の連中しか観ていないというのに」と批判した。

ちなみに、「皇帝ペンギン」を全米配給したアメリカのワーナー・インディペンデント・ピクチャーズは、同作をドキュメンタリー部門に出品する予定だという。ちなみに、これまで「皇帝ペンギン」はアメリカで7110万ドル(約80億円)を稼いでいる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi