ソダーバーグ、映画配給の新しい形を模索 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年9月27日 > ソダーバーグ、映画配給の新しい形を模索
メニュー

ソダーバーグ、映画配給の新しい形を模索

2005年9月27日 12:00

アメリカで観客動員数が減少の一歩をたどるなか、スティーブン・ソダーバーグ監督が新たな実験を開始した。HDカメラを使い、160万ドルという低予算で製作した新作映画「バブル」を、来年1月の劇場公開と同時に、ペイパービュー形式でテレビ放映。おまけにDVDまで同時発売してしまうというのだ。映画は映画館で一定期間上映されるものだという従来の配給モデルを無視したソダーバーグ監督は、「映画ビジネスはすでに時代遅れになっている」として「自分たちも変わる必要がある。新しいやり方を見出さなきゃいけない」とコメント。ソダーバーグ監督は、インディペンデント系のHDNet Filmsと6本のHD映画を監督する契約を締結、殺人ミステリー「バブル」は、その1作目となる。ソダーバーグ監督は現在、ジョージ・クルーニー主演の「The Good German」の撮影に取りかかったばかり。残りのHD映画に取りかかるのは、チェ・ゲバラの伝記映画「Che」(ベニチオ・デル・トロ主演)のあとになりそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi