ディカプリオがルーズベルト大統領に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年9月13日 > ディカプリオがルーズベルト大統領に
メニュー

ディカプリオがルーズベルト大統領に

2005年9月13日 12:00

42歳の大統領を 演じるかも「白いカラス」

42歳の大統領を
演じるかも
[拡大画像]

レオナルド・ディカプリオが、第26代アメリカ大統領セオドア・ルーズベルトを演じるかもしれない。パラマウント・ピクチャーズが、ピュリッツァー賞を受賞したエドモンド・モリスによるルーズベルト大統領の伝記「The Rise of Theodore Roosevelt」の映画化権を取得、マーティン・スコセッシが監督、レオナルド・ディカプリオ主演で企画しているという。バラエティ誌が報じたもの。

脚本は「白いカラス」のニコラス・メイヤーが担当、スコセッシとディカプリオはプロデューサーも務める予定。

この企画が実現すれば、スコセッシ&ディカプリオのコンビは、「ギャング・オブ・ニューヨーク」「アビエイター」「インファナル・アフェア」のハリウッドリメイク「ザ・ディパーテッド」に続いて4作目となる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi