「トイ・ストーリー」の脚本家が事故で死亡 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年8月23日 > 「トイ・ストーリー」の脚本家が事故で死亡
メニュー

「トイ・ストーリー」の脚本家が事故で死亡

2005年8月23日 12:00

ファインディング・ニモ」や「Mr.インクレディブル」などの傑作アニメーションを連発しているピクサー・アニメーションで、ストーリー部門のトップを務めるジョー・ランフトが、16日、友人との旅行中に自動車事故に遭って死亡した。45歳だった。

ランフトは、ディズニーで「美女と野獣」や「ライオン・キング」の脚本に参加した後に、ピクサーに入社。「トイ・ストーリー」や「バグズ・ライフ」の脚本に参加したほか、これまでのすべてのピクサー作品に声優としても参加しており、来年公開の「Cars」ではストーリー・スーパーバイザーを務めていた。ピクサーは「ジョーは、ピクサーファミリーにとって、みんなに愛された重要なメンバーでした。彼の死は、私たちと全てのアニメ産業にとって、大きな悲しみです」と声明を発表。また、ジョン・ラセター監督も、「愉快で強い個性があり、オリジナリティに溢れていた。物語の構築において、絶対的に優れたセンスを持っていた」とランフトの死を悼んだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi