深刻化する“ハリウッド映画”のカリフォルニア離れ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年8月23日 > 深刻化する“ハリウッド映画”のカリフォルニア離れ
メニュー

深刻化する“ハリウッド映画”のカリフォルニア離れ

2005年8月23日 12:00

知事、何とかして!

知事、何とかして!
[拡大画像]

“ハリウッド映画”のカリフォルニア離れが深刻だ。ロサンゼルスへのビジネス誘致を目的とするNPO団体「Los Angeles County Economic Development Corporation」の発表によると、昨年ハリウッドが製作した映画・テレビのほぼ60%が、カリフォルニア州以外で撮影されたことが明らかになった。7000万ドル(約77億円)規模の映画が他州で撮影された場合、カリフォルニア州は1000万ドル(約11億円)以上を損失する計算になるという。カナダやオーストラリアなどに加えて、アメリカ国内でもニューメキシコ州やルイジアナ州が税優遇処置をしているのが主な原因で、カリフォルニア州も同様の措置をすべきだとの声が高まっている。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi