マラドーナの「神の手」ゴールが映画に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年8月16日 > マラドーナの「神の手」ゴールが映画に!
メニュー

マラドーナの「神の手」ゴールが映画に!

2005年8月16日 12:00

サッカー界の風雲児、ディエゴ・マラドーナの伝記映画が製作されることになった。その題名は「神の手」とされているが、「神の手」とは86年のW杯準々決勝で、アルゼンチン代表のマラドーナがイングランド相手に挙げた疑惑のゴールのこと。一見ヘディングに見えるプレイだが、マラドーナは明らかに手を使ってゴールを決め、後にインタビューに答えて「あれは神の手だ」とうそぶいた、あまりにも有名なゴールである。

天才プレイヤーの名を欲しいままにしながら、ドラッグ中毒になり、つい昨年も薬物が原因の心臓疾患で危篤状態になっていたマラドーナだが、それでも彼を慕うファンは世界中に数多い。この映画の監督であるイタリア人のマルコ・リージ(「永遠のマリー」)は、マラドーナのキャリアの中でも、もっとも輝いていた時代にスポットを当てる予定だという。

映画は10月にクランクインの予定だが、肝心のマラドーナ役を演じる俳優は、まだ決まっていないそうだ。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi