「ハリポタ」最新作はPG-13指定に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年8月9日 > 「ハリポタ」最新作はPG-13指定に
メニュー

「ハリポタ」最新作はPG-13指定に

2005年8月9日 12:00

もう子供じゃないし…「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」

もう子供じゃないし…
[拡大画像]

シリーズ第4作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のレイティングが、PG-13(13歳未満は保護者の同伴を推奨)に決定した。これは「子供は暴力的で、腹黒いアナーキストだ」と考えるマイク・ニューウェル監督の意向通りに、恐怖を煽るイメージや暴力的なシーンが含まれているためだとか。全米公開は11月18日、日本公開は11月26日の予定だ。

(C)2005 Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R.

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi