いかにして、人は麻薬の運び屋となるのか?「そして、ひと粒のひかり」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年8月2日 > いかにして、人は麻薬の運び屋となるのか?「そして、ひと粒のひかり」
メニュー

いかにして、人は麻薬の運び屋となるのか?「そして、ひと粒のひかり」

2005年8月2日 12:00

映画初出演でオスカー候補となった カタリーナ・サンディノ・モレノ「そして、ひと粒のひかり」

映画初出演でオスカー候補となった
カタリーナ・サンディノ・モレノ
[拡大画像]

本年度のアカデミー賞主演女優賞ノミネートを筆頭に、世界各地の映画祭で46部門でのノミネート、そして24部門での受賞を果たした新鋭ジョシュア・マーストン監督による「そして、ひと粒のひかり」。日本公開を秋に控え、マーストン監督と主演女優カタリーナ・サンディノ・モレノがPRのため来日。7月27日、東京・銀座の銀座東武ホテルで記者会見を行った。

コロンビアのバラ工場で絶望的な日々を送っている少女が、自らの妊娠をきっかけに街を出ていく決意をし、麻薬の運び屋としてニューヨークへ旅立つという衝撃的な内容の本作。麻薬の運び屋という職業について聞かれたカタリーナは、「麻薬の粒を飲み込むシーンがあり、本当に飲み込まなくてはいけなかったのが怖かったですね。ただ実際に飲み込む事で運び屋の気持ちがよくわかりました。でも私が実際に飲み込んだのは8粒で、劇中のように62粒ではありませんでした」とコメント。

一方、本作の成功で一躍名前が知れ渡ったマーストン監督は「世界の映画祭で様々な賞をもらったのは嬉しいことだが、賞をもらうために映画を作るクリエイターはいません。映画は作り手と観客が一緒になって作っていくものだと思います」とし、本作の題材である麻薬については「なぜ、彼等が麻薬の運び屋になってしまったのか?という疑問が浮かび上がりました。生活が苦しい、子供のため、家族のためなど様々な理由がありますが、彼等を単なる犯罪者としてはとらえられませんね」と真剣なまなざしで語っていた。「そして、ひと粒のひかり」はシネ・アミューズ渋谷にて今秋公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi