キャメロン・ディアスのトップレス写真裁判でカメラマン有罪 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年7月26日 > キャメロン・ディアスのトップレス写真裁判でカメラマン有罪
メニュー

キャメロン・ディアスのトップレス写真裁判でカメラマン有罪

2005年7月26日 12:00

キャメロン・ディアスが無名モデル時代に撮影したトップレス写真をめぐり、重窃盗未遂、文書偽造、偽証などの罪に問われていたカメラマンのジョン・ラッター被告が25日、ロサンゼルス高等裁判所で有罪判決を受けた。

写真はキャメロンが19歳のときに撮られたもので、ラッターが「300万ドル(約3億3000万円)で買い取らなければ、ヨーロッパの買い手に売りつける」と恐喝したことから、今回の裁判に発展。ラッターは無罪を主張していた。

最大の争点だった、キャメロンが写真公開の承諾書にしたというサインは偽造だと認定。量刑の言い渡しは9月15日に予定されており、最高6年の禁固刑が言い渡される見込みだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi