3億円の製作費をゲット!エンジェル大賞締め切り迫る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年7月26日 > 3億円の製作費をゲット!エンジェル大賞締め切り迫る
メニュー

3億円の製作費をゲット!エンジェル大賞締め切り迫る

2005年7月26日 12:00

第2回受賞作の「カーテンコール」は 今秋公開「カナリア」

第2回受賞作の「カーテンコール」は
今秋公開
[拡大画像]

日本映画界を担う新たな才能の発掘と育成を目的に、02年からスタートした日本映画エンジェル大賞。映画化企画の募集とそのバックアップを行い、これまでに塩田明彦監督「カナリア」、山下敦弘監督「リンダ・リンダ・リンダ」、佐々部清監督「カーテンコール」の3作品が劇場公開に漕ぎ着けるなど、その知名度も徐々に高まってきた。そして、同賞の第6回目となる応募締切が7月29日に迫っている。

このエンジェル大賞、大賞受賞者には賞金100万円が授与され、その後は企画の商品化に向けてビジネスプラン策定費用の出資を受けられる。さらに、企画が審査を通った場合には、最大3億円の製作出資を受けられるという夢のある話だ。一生に一度は「映画を作ってみたい」と思う方も多いはず。あなたの取っておきの企画で、是非応募してみては?

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi