往年の戦争映画を販売する新レーベルが誕生 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年7月19日 > 往年の戦争映画を販売する新レーベルが誕生
メニュー

往年の戦争映画を販売する新レーベルが誕生

2005年7月19日 12:00

戦争映画ファンは必見「西部戦線異状なし」

戦争映画ファンは必見
[拡大画像]

知る人ぞ知る戦争映画専門サイト「CROSS OF IRON」から誕生したソフトメーカー、ソッピースキャメルが、大手が取り扱わない戦争映画DVDの販売に乗り出した。

第1回目のリリース作品は、「西部戦線異状なし」や「オーシャンと十一人の仲間」などで知られるルイス・マイルストン監督の「激戦地」「北極星」(日本未公開)と、ジョン・ウェインの代表作「勇気ある追跡」を監督したヘンリー・ハサウェイの「砂丘の敵」の3作品。価格はいずれも3990円(税込)で、インターネット限定で7月25日から発売される。なお、ソッピースキャメルでは戦争映画のサウンドトラックも発売中なので、興味のある方はぜひ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi