いきなりカンヌで受賞した「運命じゃない人」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年7月19日 > いきなりカンヌで受賞した「運命じゃない人」
メニュー

いきなりカンヌで受賞した「運命じゃない人」

2005年7月19日 12:00

内田けんじ監督「運命じゃない人」

内田けんじ監督
[拡大画像]

今年のカンヌ映画祭批評家週間に出品され、フランス作家協会賞(脚本賞)ほか4部門を受賞した「運命じゃない人」の内田けんじ監督が、作品について語った。

運命じゃない人」というユニークなタイトルを冠した本作は、構成もまた一風変わったものになっている。疑うことを知らない“日本一いい人”な主人公を中心に、5人の登場人物の視線から主人公の周囲の事件をとらえていくのだ。その複雑な構成を思いついたきっかけは、携帯電話だという。「携帯電話は、繋がっても相手がどこで何をしているのかわからない。そこがミステリアスな感じがして、今回のストーリーの発端になりました」

02年、新人監督を発掘する「ぴあフィルムフェスティバル」に出品した短編が受賞したことを契機に、以前から企画していた本作が実現した。新人監督ならではの苦労はあったのか?「スタッフはベテランばかりでキャストもモチベーションが高く、新人監督にはいい環境だった思います。撮影期間が2週間しかない上、夜の物語だから明るくなると撮れない。太陽が昇ってくるのが恐怖でしたね(笑)」

「“運命じゃない人”って、言ってみれば他人のことですが、世の中は“運命じゃない人”ばかり。だけど、どこでどう繋がっているかは誰にもかわらない。いろいろな意味に取れると思いますが、あとは観客の皆さんそれぞれが、観て考えてほしいです。特に初デートで『運命じゃない人』を観にいって、結婚式で2人の初デートが『運命じゃない人』でした……と紹介されたら嬉しいですね(笑)」。ユーロスペースにて上映中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi