清水崇監督、「寄生獣」をハリウッド映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年7月19日 > 清水崇監督、「寄生獣」をハリウッド映画化
メニュー

清水崇監督、「寄生獣」をハリウッド映画化

2005年7月19日 12:00

清水崇監督「THE JUON 呪怨」

清水崇監督
[拡大画像]

THE JUON/呪怨」でハリウッドデビューを果たした清水崇監督が、ニューライン・シネマによって映画化される岩明均の人気コミック「寄生獣」でメガホンを握ることが明らかになった。米バラエティ誌によると、清水監督は脚本の製作にもスーパーバイザーとして関わるという。プロデューサーは、清水監督のパートナーでもある一瀬隆重と、アングリー・フィルムズのドン・マーフィ、ヘンソン・ピクチャーズのリサ・ヘンソンクリスティン・ベルソン。英語タイトルは「Parasyte」で、「THE JUON/呪怨」の続編のあとに製作に入る模様。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi