ジャッキー・チェン、タッカーのわがまま発言に物申す : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年7月12日 > ジャッキー・チェン、タッカーのわがまま発言に物申す
メニュー

ジャッキー・チェン、タッカーのわがまま発言に物申す

2005年7月12日 12:00

クリス・タッカーが2000万ドル(約22億円)という高額の出演料を蹴り、「ラッシュアワー3」の製作は中止になったが、タッカーは出演料以外にも法外な要求をしていたことが、共演者のジャッキー・チェンの証言で明らかになった。

ジャッキー・チェンがカナダのマクリーンズ・マガジン誌に語ったところによると、タッカーはハリウッドでも一流監督にしか与えられないファイナルカット権(完成作の最終的な編集を、自分の思いのままにしていいという契約)を要求していたという。また、ジャッキーに「なんでも好きなことを要求しろよ」とそそのかし、ジャッキーが「何もない」と答えると、「連中は俺たちを利用してたくさん儲けてるんだ。取り戻さなきゃだめだ」と叱られたという。

ジャッキーは、タッカーを「良い友人だ」としながらも、「彼はまだ新人だ。映画界のことはゆっくり学んでいかなくちゃね」と、ベテランらしい苦言を呈した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi