ディカプリオの製作会社が、人類滅亡のSF小説を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年7月12日 > ディカプリオの製作会社が、人類滅亡のSF小説を映画化
メニュー

ディカプリオの製作会社が、人類滅亡のSF小説を映画化

2005年7月12日 12:00

レオナルド・ディカプリオの製作会社アッピアン・ウェイが、60年代アメリカ文学の代表作「猫のゆりかご」(カート・ボネガット著/早川文庫)の映画化を手がけることが明らかになった。人類の滅亡をユーモラスに描くSF作品で、脚色を「サハラ/死の砂漠を脱出せよ」や「ドラキュラ」のジェームズ・V・ハートと、息子のジェイク・ハートが担当することになる。監督、出演者などについては一切決まっていない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi