米映画協会が選ぶ名セリフ、1位は「風と共に去りぬ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年6月28日 > 米映画協会が選ぶ名セリフ、1位は「風と共に去りぬ」
メニュー

米映画協会が選ぶ名セリフ、1位は「風と共に去りぬ」

2005年6月28日 12:00

米映画協会(AFI)が、映画史に残る名セリフのトップ100を発表した。映画関係者の投票で1位に輝いたのは、「風と共に去りぬ」でクラーク・ゲーブル演じるレット・バトラーの「正直なところ、どうでもいい」(Frankly, my dear, I don't give a damn.)だった。2位は「ゴッドファーザー」でマーロン・ブランド扮するマフィアのボスの、「彼に断れない申し入れを突きつける」(I'm going to make him an offer he can't refuse)。その他にも、5位「カサブランカ」の「君の瞳に乾杯!」(Here's looking at you, kid.)、8位「スター・ウォーズ」の「フォースと共にあらんことを」(May the Force be with you.)、22位「007/ドクター・ノオ」の「ボンド。ジェームズ・ボンド」(Bond. James Bond.)、37位「ターミネーター」の「アイル・ビー・バック」(I'll be back.)など有名セリフが続く。最近の映画では、85位、「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」でゴラムが指輪を愛でながら言う「いとしいしと」(My precious.)が入った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi