昔「ロミジュリ」今「マザー・テレサ」。オリビア・ハッセー来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年6月21日 > 昔「ロミジュリ」今「マザー・テレサ」。オリビア・ハッセー来日
メニュー

昔「ロミジュリ」今「マザー・テレサ」。オリビア・ハッセー来日

2005年6月21日 12:00

「復活の日」(80)で共演した草刈正雄が 花束贈呈に。25年ぶりの再会

「復活の日」(80)で共演した草刈正雄が
花束贈呈に。25年ぶりの再会
[拡大画像]

その生涯を貧しい人々のために捧げてノーベル平和賞を受賞するなど、今なお世界から敬愛されるマザー・テレサの半生を描いた映画「マザー・テレサ」の主演を務めたオリビア・ハッセーが来日し、6月20日、セルリアンタワー東急ホテル(東京・渋谷)にて記者会見を開いた。

オリビア・ハッセーといえば、フランコ・ゼフィレッリ監督の「ロミオとジュリエット」(68)でジュリエットを演じ、世界を魅了した伝説の女優。80年代には布施明と結婚生活を送り、日本でも大変な話題となった。そんな彼女は、20年前からマザー・テレサの生き方に感銘を受け、いつかマザー・テレサ役を演じたいと切望していたそうで、「今回の役はマザーからの贈り物だと思う」と話した。「ある日突然オファーがきて、撮影開始まで1週間しかなかった。けれど、私は20年前から彼女に関する文献を読んだりドキュメンタリーを観たりして、心の中で準備をしていた。一番大切にしたのは、マザーの思いやりや強さ、慈悲の心を表現することです」

オリビアはこの日、自身でデザインした衣裳を身にまとって登場。今後ブランドを立ち上げ、その売り上げはマザー・テレサが設立した「神の愛の宣教者会」に寄付されるという。「マザー・テレサ」は今夏、シャンテシネほかにて公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi