絶叫する優香は「シャイニング」ばりの怖さ? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年6月14日 > 絶叫する優香は「シャイニング」ばりの怖さ?
メニュー

絶叫する優香は「シャイニング」ばりの怖さ?

2005年6月14日 12:00

優香の“尋常じゃない”すごい顔って…「シャイニング」

優香の“尋常じゃない”すごい顔って…
[拡大画像]

THE JUON/呪怨」で、全米を恐怖のどん底に陥れた清水崇監督の最新作は、東宝などが手がける“Jホラー・シアター”の第2弾作品となる「輪廻」。去る6月9日、東宝スタジオ(東京・世田谷)内に建て込まれた廃墟ホテルのセットが披露され、清水監督に加え、主演の優香椎名桔平の3人が記者会見に現れた。

総工費1億円をつぎ込んで建築されたセットでは、すでに猟奇殺人シーンの撮影が行われたとのことで、かなり不気味な雰囲気。そのセット内で行われた会見では「今回は幽霊ではなく、人形が出てきます」と、清水監督が今までとは違った恐怖をアピール。また、久しぶりの映画主演となる優香が「すごい顔して叫んでいます。尋常じゃありませんね(笑)」と語れば、共演の椎名も「ホラーの名作『シャイニング』では、怖がっている奥さん役の人のほうが怖いじゃないですか(笑)。今回の優香さんがそんな感じですね」と、そのスクリーム・クイーンぶりを裏付けた。

前作で、日本人監督として初の全米ボックスオフィス第1位の快挙を成し遂げた清水崇監督。その日本凱旋第一作となる「輪廻」は、06年1月7日にロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 君の名前で僕を呼んでの評論 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥の評論 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$の評論 パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi