秘密のベールに包まれた「宇宙戦争」が世界初披露! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年6月14日 > 秘密のベールに包まれた「宇宙戦争」が世界初披露!
メニュー

秘密のベールに包まれた「宇宙戦争」が世界初披露!

2005年6月14日 12:00

上機嫌のクルーズは、娘役のダコタをだっこ「宇宙戦争」

上機嫌のクルーズは、娘役のダコタをだっこ
[拡大画像]

6月29日に全世界同時公開となる超大作「宇宙戦争」が、6月13日、VIRGIN TOHO CINEMAS六本木ヒルズにて初披露され、監督のスティーブン・スピルバーグ、主演のトム・クルーズダコタ・ファニングらが会見を開いた。

クルーズは12日に日本に到着し、14日にはベルリンで行われるプレミアに出席するというハードスケジュールにも関わらず、おなじみのスマイルで終始ご機嫌。会見に先立つフォトセッションでは、自ら取材陣の輪に飛び込み、カメラマンのカメラを拝借して、周囲を取り囲んだ取材陣を“逆撮影”するという場面も見られた。

徹底した秘密主義のもとに製作され、海賊版流出防止のためにも、試写会来場者への金属探知機によるボディチェックや、荷物の持込制限など厳しい監視体制が敷かれた本作だが、スピルバーグ監督は「映画自体が観客の皆さんに語りかけるべきであり、前もって情報がもたらされると、サプライズがなくなってしまう」と、あらゆる人々が平等に一観客として楽しんでもらいたいと主張。また、映画のなかで殺戮の限りを尽くす宇宙人を「世界で初めて大阪で何体か倒した」という日本へのサービスシーンともとれる場面があるのだが、これについて監督は「大阪はガメラなどの怪獣と戦った経験が豊富だからね」と、答えて会場を沸かせた。一方、クルーズは本作のテーマを「家族」だと語り、「家族を守るため、何をやるかということ。主人公レイが父親として試練に立たされ、成長していく。その様子は期待以上の演技ができた」と、自信をみせた。

さらに、ハリウッド随一の天才子役として名高いダコタは、今回が初来日。「スティーブンの演出やトムに教わった俳優としての心得など、学ぶことがたくさんで、私の人生で忘れられない体験になった」と語っていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi