ブルーノ・ガンツがヒトラー?「ヒトラー/最期の12日間」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年6月7日 > ブルーノ・ガンツがヒトラー?「ヒトラー/最期の12日間」
メニュー

ブルーノ・ガンツがヒトラー?「ヒトラー/最期の12日間」

2005年6月7日 12:00

オリバー・ヒルシュビーゲル監督(左)と ブルーノ・ガンツ「ヒトラー 最期の12日間」

オリバー・ヒルシュビーゲル監督(左)と
ブルーノ・ガンツ
[拡大画像]

ビム・ベンダース監督の「アメリカの友人」「ベルリン・天使の詩」やテオ・アンゲロプロス監督の「永遠と一日」で知られるドイツを代表する名優ブルーノ・ガンツが、新作「ヒトラー/最期の12日間」のPRのため、オリバー・ヒルシュビーゲル監督とともに来日。6月3日、東京・赤坂のキャピトル東急ホテルで会見を開いた。

ベンダース作品やアンゲロプロス作品では優しい男を演じていたガンツだが、本作ではアドルフ・ヒトラー役を熱演。役作りについて聞かれると、「失望させるかもしれないけど、この役を演じるに当たってやったことといえば、本を読むくらいで、何ひとつ特別なことはしなかったよ。たくさん彼に関する本を読んだが、結局、彼の本質というものには触れることができなかった」と本音を吐露。

一方のヒルシュビーゲル監督はドイツの国民的俳優をヒトラー役に配したことについて、「彼は誰もが知っている顔で、似ている似ていないに関わらず第一候補でした。ですが、役が決まった後に彼がヒトラーの格好をしてみると、これが似ているんです。そのときはちょっとしたサプライズでした。それにしても彼は素晴らしかったです」とガンツを持ち上げた。「ヒトラー/最期の12日間」は7月、シネマライズほかにて公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi