仮面を脱いだオペラ座の怪人が、主演作を熱烈PR : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年5月31日 > 仮面を脱いだオペラ座の怪人が、主演作を熱烈PR
メニュー

仮面を脱いだオペラ座の怪人が、主演作を熱烈PR

2005年5月31日 12:00

ジェラルド・バトラー「オペラ座の怪人」

ジェラルド・バトラー
[拡大画像]

大ヒットミュージカル映画「オペラ座の怪人」で、ファントム役を演じた英俳優ジェラルド・バトラーが、主演作「Dearフランキー」(ショーナ・オーバック監督)のプロモーションのために来日し、5月31日、セルリアンタワー東急ホテル(東京・渋谷)にて記者会見を開いた。

オペラ座の怪人」で一気にファン層を拡大させた感のあるバトラーだが、成田空港に到着した際には、約2000人のファンが出迎えたという。これには当の本人も大喜びで、「あのような歓迎を受けたのは初めて。日本も、日本の人たちも大好きです」と、会見冒頭から熱烈のリップサービス。本作でバトラーは、父親を知らない少年のために、母親に頼まれて父親のふりをする男を演じる。「とても小さな映画だが、ハートは大きな叙事詩のような作品。撮影も自分の生まれ故郷のすぐ側で行われたもので、それがこうして日本でも公開されることに感動しています」

また、自身の代表作となった「オペラ座の怪人」と本作との違いについて、「実はこちらのほうが先に撮影したものです。『オペラ座~』はご存知のようにとても大規模な作品で、プレッシャーも大きかったが、まるで体の中に電流が走ったような気持ちで、かけがえのない経験になった。それに比べて、こちらはとてもシンプルだが、ビタースウィートで、笑いながら泣ける素晴らしい作品。観た後は世の中に対して優しくなれるし、まるで自分の赤ちゃんのように、温かく抱きしめて世界中に届けたい」と熱く語った。6月25日より、Bunkamuraル・シネマ、シネカノン有楽町ほかにて公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi