カンヌ映画祭、最高賞パルムドールはダルデンヌ兄弟 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年5月24日 > カンヌ映画祭、最高賞パルムドールはダルデンヌ兄弟
メニュー

カンヌ映画祭、最高賞パルムドールはダルデンヌ兄弟

2005年5月24日 12:00

パルムドールを受賞した「ザ・チャイルド」「ザ・チャイルド」

パルムドールを受賞した「ザ・チャイルド」
[拡大画像]

5月21日、第58回カンヌ国際映画祭の授賞式が行われ、コンペティション部門の最高賞パルムドールに、ベルギーのジャンピエールとリュック・ダルデンヌ兄弟が監督する「ザ・チャイルド」が選ばれた。「ザ・チャイルド」は、貧しい若者カップルが、子育てに奮闘する様子を描いた社会派ドラマ。ダルデンヌ兄弟は、99年にも「ロゼッタ」で同賞と主演女優賞を、02年には「息子のまなざし」で主演男優賞を受賞しており、3作連続で主要賞を獲得した。

ちなみに、これまでパルムドールを2度受賞した監督は、今回、審査委員長を務めたエミール・クストリッツァ(「パパは、出張中!」「アンダーグラウンド」)、フランシス・フォード・コッポラ(「カンバセーション/盗聴」「地獄の黙示録」)、今村昌平(「楢山節考」「うなぎ」)、ビレ・アウグスト(「ペレ」「愛の風景」)の4人。ダルデンヌ兄弟は、史上5組目の快挙を成し遂げた。

パルムドールに次ぐグランプリ(審査員特別大賞)はジム・ジャームッシュ監督「ブロークン・フラワーズ」、主演男優賞は、初監督作品「The Three Burials of Melquiades Estrada」に主演したトミー・リー・ジョーンズが受賞。日本からコンペ部門に唯一出品された小林政広監督「バッシング」は受賞を逃した。

主な受賞結果は以下の通り。

◆パルムドール

ザ・チャイルド」(ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督/ベルギー)

◆グランプリ(審査員特別大賞)

ブロークン・フラワーズ」(ジム・ジャームッシュ監督/アメリカ)

◆最優秀監督賞

ミヒャエル・ハネケ監督 「Cache」(オーストリア)

◆最優秀男優賞

トミー・リー・ジョーンズ 「The Three Burials of Melquiades Estrada」(アメリカ)

◆最優秀女優賞

ハンナ・ラスロ 「フリー・ゾーン」 (イスラエル)

◆最優秀脚本賞

ギレルモ・アリアガ 「The Three Burials of Melquiades Estrada」(アメリカ)

◆審査員賞

「シャンハイ・ドリームズ」(ワン・シャオシュアイ監督/中国)

◆カメラドール(新人賞)

「The Forsaken Land」(ビムクティ・ジャヤスンダラ監督/スリランカ)

「Me and You and Everyone We Know」(ミランダ・ジュライ監督/アメリカ)

◆国際批評家連盟賞

「Cache」(ミヒャエル・ハネケ監督/オーストリア)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi