六本木ヒルズが戦国時代にタイムスリップ?「戦国自衛隊1549」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年5月24日 > 六本木ヒルズが戦国時代にタイムスリップ?「戦国自衛隊1549」
メニュー

六本木ヒルズが戦国時代にタイムスリップ?「戦国自衛隊1549」

2005年5月24日 12:00

装甲車や武者を前にスタッフ、キャストが集結「戦国自衛隊」

装甲車や武者を前にスタッフ、キャストが集結
[拡大画像]

79年に公開された名作「戦国自衛隊」のリメイク作品「戦国自衛隊1549」の完成披露イベントが、5月19日、六本木ヒルズ・アリーナ(東京・六本木)にて行われた。本作は「亡国のイージス」「終戦のローレライ」の原作者・福井晴敏が物語を再構築、自衛隊の全面協力のもと、総製作費15億円をかけたアクション大作として生まれ変わった。

会場には、映画に登場した自衛隊の装甲車や、100人を超える戦国武者が集結。映画さながらのものものしい雰囲気の中、リムジンで乗りつけた江口洋介鹿賀丈史らの主要キャストと手塚昌明監督、原作者の福井晴敏が挨拶した。主演の江口は「ファンタジーであると同時に大きなアクションもある。始めから終わりまで目が離せない作品に仕上がった」とアピール。原作の福井は「『終戦のローレライ』は女性に抵抗感が無いように映画のタイトルからは“終戦”を外した。しかしこれは“戦国”で“自衛隊”なのでどうしようもない(笑)。女性が活躍する映画なので、是非観てほしい」と語り、笑いを誘った。最後に手塚監督が「撮影中は台風に3度も襲撃されたが、今日、完成披露ができて感慨もひとしおだ。自衛隊の皆さんにも大変感謝している」と締めくくった。6月11日より全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi