ジェニロペ、自分の女王様ぶりにショックを受ける? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年5月17日 > ジェニロペ、自分の女王様ぶりにショックを受ける?
メニュー

ジェニロペ、自分の女王様ぶりにショックを受ける?

2005年5月17日 12:00

そろそろ大人になれば?「ドント・ルック・バック」

そろそろ大人になれば?
[拡大画像]

ジェニファー・ロペスが、レコーディングの様子を記録したドキュメンタリー映画を自ら葬り去ったらしい。

アメリカのレーダー誌によると、ジェニファー・ロペスの所属レコード会社であるソニーは、ニューアルバム「Rebirth」のメイキング映画を、ボブ・ディランのドキュメンタリー映画「ドント・ルック・バック」を監督したD・A・ペネペイカーに依頼した。ソニーの重役や彼女のマネージャーはペネベイカーが製作したドキュメンタリー映画を「ジェニファーの本質をよく捉えている」と評価したのだが、当のジェニロペは大激怒。自分がスタッフを怒鳴り散らし、辛く当たる様子を見て、相当ショックを受けたらしい。ペネベイカー監督はジェニロペのドキュメンタリーを製作したことは認めているが、レーダー誌の記事についてはノーコメントとしている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi