窪塚洋介、すっかり謙虚になって新作の会見に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年5月3日 > 窪塚洋介、すっかり謙虚になって新作の会見に
メニュー

窪塚洋介、すっかり謙虚になって新作の会見に

2005年5月3日 12:00

(左より)深作健太監督、黒木メイサ、窪塚洋介、 エディソン・チャン、山本太郎「同じ月を見ている」

(左より)深作健太監督、黒木メイサ、窪塚洋介、
エディソン・チャン、山本太郎
[拡大画像]

昨年6月に自宅マンションの9階から転落して重傷を負い、俳優活動を休止していた窪塚洋介の復帰作となる「同じ月を見ている」の製作発表会見が、4月28日に東京・赤坂プリンスホテルにて開かれた。

本作は、窪塚が扮する研修医の主人公と、幼なじみの男女の愛や友情を描くドラマ。土田世紀の同名原作コミックを映画化したもので、窪塚にとっては2年ぶりの主演作となる。「GO」「凶気の桜」「魔界転生」など東映作品と縁の深い窪塚は、「復帰先はうちで」という東映のラブコールに「東映さん、ありがとう。とにかく嬉しかった」と応え、「落っこちる前にいろいろ言ったが、それが全部自分に返ってきた。この2年間で周囲から余計なものがなくなり、役者という仕事や家族、友達といった本当に大切なものが残った」と、かつてのようなエキセントリックな言動は鳴りをひそめ、「1つの仕事をして99のメッセージを送るより、99の仕事で1つのメッセージを送るほうが伝わるんだということがわかった」と、すっかり謙虚で落ち着いた様子に。映画の中には山火事のシーンがあり、アクションも要求されるが「捨て身でやるのみ。今はまだ、走るのは子供のほうが速いくらいですが」と、まだ体が完治していないことも明かした。

メガホンを握るのは「バトル・ロワイヤルII」で父・欣二の跡を継いだ深作健太で、共演に「インファナル・アフェア」シリーズのエディソン・チャン黒木メイサ山本太郎と、キャスト、スタッフともフレッシュな顔ぶれ。29日にクランクインし、6月下旬にクランクアップ。11月ロードショーの予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi