男娼少年の壮絶な人生を、イタリアン・ホラー巨匠の娘が監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年5月3日 > 男娼少年の壮絶な人生を、イタリアン・ホラー巨匠の娘が監督
メニュー

男娼少年の壮絶な人生を、イタリアン・ホラー巨匠の娘が監督

2005年5月3日 12:00

アーシア・アルジェント「サラ、いつわりの祈り」

アーシア・アルジェント
[拡大画像]

奔放な母親サラの影を追い求めながら、セックス、ドラッグ、暴力の中に生きる男娼少年を描いた、J・T・リロイのベストセラー自伝的小説「サラ、神に背いた少年」。その続編であり、少年の幼少期を綴った「サラ、いつわりの祈り」がこの度映画化。日本での公開を前に、監督・脚本・そして主演のサラを演じたアーシア・アルジェントが来日し、インタビューに応じてくれた。

「この物語の根底に流れているのは、親子の愛情なの」と語りはじめたアーシアは、続けて「J・T・リロイの原作を読むのは辛かった。(私も一児の母なので)虐待を繰り返す母親なんて信じることができなかったわ。この物語は、初めはとても受け入れ難いの。だけど読み進めるうちに、歪んだ形ではあるけれど、親子の強い絆というものを感じるようになるわ」と監督するに至った経緯を語ってくれた。

アーシアの父親は「サスペリア」などで知られるイタリアン・ホラーの巨匠、ダリオ・アルジェントである。「私は映画出演6作目にして、やっと父親の映画『トラウマ/鮮血の叫び』に出ることができた。父親に自分を認めてもらおうと必死だったの」とコメント。本作で虐待されつつも母親からの愛を乞う少年の姿は、そのまま父ダリオと娘アーシアの関係にあてはまるのかもしれない。5月7日よりシネマライズにてロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi