「ハイド・アンド・シーク」に別エンディングの存在が発覚! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年4月19日 > 「ハイド・アンド・シーク」に別エンディングの存在が発覚!
メニュー

「ハイド・アンド・シーク」に別エンディングの存在が発覚!

2005年4月19日 12:00

とにかく怖いのヨ!

とにかく怖いのヨ!
(C)2005 TWENTIETH CENTURY FOX
[拡大画像]

“恐るべき11歳”ことダコタ・ファニングが、ロバート・デ・ニーロと親子役で共演する話題のサスペンス映画「ハイド・アンド・シーク」。ダコタ演じるエミリーという主人公の、“他人には見えない友だち”が物語の核心となり、観客に恐怖の想像をかきたてる。

撮影中、ダコタ・ファニング自身も「見えない友だちの存在を感じ、本当に恐い思いをした」という本作だが、実はこの映画に、本国アメリカでは封印されたもう1つのエンディングが存在することが明らかになった。しかも日本では、この別エンディング・バージョンを見ることができる。

もともと観客の予想を裏切るエンディングが用意されている本作だが、この別エンディングはさらに過激で容赦ないものになるという。「ハイド・アンド・シーク」は4月23日公開予定、別エンディング・バージョンは、東京・練馬のT・ジョイ大泉、千葉・浦安のAMCイクスピアリ16など5つの劇場で上映される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi