御大イーストウッド、43年ぶりの来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年4月12日 > 御大イーストウッド、43年ぶりの来日
メニュー

御大イーストウッド、43年ぶりの来日

2005年4月12日 12:00

国民感情には配慮するよ「ミリオンダラー・ベイビー」

国民感情には配慮するよ
[拡大画像]

今年、「ミリオンダラー・ベイビー」で2度目のアカデミー作品賞、監督賞を受賞した現代の映画界を代表する俳優・監督のクリント・イーストウッドが、62年にTVシリーズ「ローハイド」のPRで来日して以来、実に43年ぶりに日本にやってきた。

今までいかなる呼びかけにも応じてこなかったイーストウッドが今回来日した理由は、新作映画「硫黄島の星条旗」の撮影準備のため。「硫黄島の星条旗」(原題「Flags of Our Fathers」ジェームズ・ブラッドリーロン・パワーズ著)は太平洋戦争末期、日米両軍の激戦地となった硫黄島(東京都・小笠原村)の要塞、擂鉢山(すりばちやま)に米国旗を打ち立てた6人の兵士達のドキュメンタリーで、彼等の硫黄島での死闘とその後の人生を息子の視点から描く。

4月3日にプライベートジェットで来日し、5日には硫黄島を視察、そして6日、石原慎太郎東京都知事を表敬訪問し撮影の協力を要請したイーストウッドは、石原都知事の「日本国民の感情を損ねるような作品にはしないで下さい」という注文に「もちろん、日本人の国民感情を尊重した人間ドラマになる。また、戦争映画というよりは息子が父親の人生を追う、父親捜しの映画になると思う」と答えた。

脚本は「ミリオンダラー・ベイビー」のポール・ハギスが執筆し、製作はスティーブン・スピルバーグ率いるドリームワークスが行う。キャスティング、撮影準備が終わり次第、今秋からクランクインし、06年公開予定。日本での配給はワーナー・ブラザースが行う。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi