香港映画を変えた「インファナル・アフェア」、最後の記者会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年4月12日 > 香港映画を変えた「インファナル・アフェア」、最後の記者会見
メニュー

香港映画を変えた「インファナル・アフェア」、最後の記者会見

2005年4月12日 12:00

(左より)フェリックス・チョン、アンドリュー・ラウ、 アンディ・ラウ、アラン・マック「インファナル・アフェア」

(左より)フェリックス・チョン、アンドリュー・ラウ、
アンディ・ラウ、アラン・マック
[拡大画像]

香港映画界に革命をもたらした「インファナル・アフェア」シリーズの最終章「インファナル・アフェアIII」の公開を週末に控え、主演のアンディ・ラウ以下、監督・製作のアンドリュー・ラウ、監督・脚本のアラン・マック、脚本のフェリックス・チョンが来日。4月12日、東京・芝の東京プリンスホテル・パークタワーにて会見を行なった。

会見場は映画の作品規模の割に狭すぎたか、多くの報道陣が居場所に困るほどの大混雑。そんな中、4人は笑顔で登壇。香港映画を復活させたといわれる3部作を作り終えた感想を聞かれると、ラウ監督は「色々ありましたが、本作に関して言えば現場でアランとフェリックスとケンカをしながら撮りました。ですが、こういうケンカがあってこそ、いい映画が作れるのだなと思い知りました。今は改めてこの2人に感謝したいです」と感慨深げに語った。

また3作を通して最も印象深かったシーンを聞かれると、マック監督は「やはりパート1の屋上でトニーがアンディに拳銃を向けるところかな」と答え、アンディは「僕は2つあって、パート3の病院のシーンとパート1で僕がエリックを撃つシーンですね」と笑いながら語った。

そして、本シリーズが香港映画界及びアジアの映画界に与えた影響について、ラウ監督は「この映画の製作に入る前、確かに香港映画は下り坂でした。俳優が現場に入ると脚本が無かったり、CGの部分もいい加減で、撮影の途中で俳優が次の撮影のために作品から出てしまったりなど、現場では多くの悪い要素がありました。ですから、今までの悪いやり方をすべて改善し、ほとんどすべての準備を撮影前に済ましてから製作しました。そして、それが投資してくれた人々の信頼や安心感を得ることになり、そのことがこの映画をいい作品にしているのだと思います」と締めくくった。「インファナル・アフェアIII」は16日全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi