巨匠ウォン・カーウァイが描く“エロス”の世界 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年4月12日 > 巨匠ウォン・カーウァイが描く“エロス”の世界
メニュー

巨匠ウォン・カーウァイが描く“エロス”の世界

2005年4月12日 12:00

ウォン・カーウァイ監督「愛の神、エロス」

ウォン・カーウァイ監督
[拡大画像]

ウォン・カーウァイスティーブン・ソダーバーグミケランジェロ・アントニオーニと、カンヌ受賞歴をもつ監督3人が、“エロス”をテーマにして撮った3部作のオムニバス「愛の神、エロス」。3人の監督を代表し、来日したウォン・カーウァイに話を聞いた。

本作はアントニオーニ監督が発案者で他の2人を集めたそうだが、カーウァイ監督は「アントニオーニ監督は、今年で92歳という高齢で、以前の病気の後遺症で言葉も話せず体も自由がききません。そんな状況でも、映画を作ろうという彼の情熱と勇気に感動し、企画に賛同しました」と、オファーを受けた経緯を語った。「これは確かに3人の監督によるトリロジー(3部作)ですが、この映画に関する成功と名声はすべてアントニオーニ監督のものだと思います」

カーウァイ監督の作品「若き仕立て屋の恋」は、3作のなかで唯一ヌードシーンもなく、直接的な官能の描写がない。しかし、原題が「The Hand」とあるように、描いているのは“手と手の触れ合いから生まれる愛”だ。「仕立て屋というのは、女性の体を良く知り、触れる機会も多い。しかし、この物語の若い仕立て屋は、身分の違いから女に触れることができない。だからこそ、ある種の欲を掻き立てられる。そして、最後に触れ合うことが波紋を呼ぶわけです」

では、他の2人の作品は? 「アントニオーニ監督の作品はどこか心に穴のようなものがあり、ソダーバーグ監督の作品は夢の世界を描いています。この作品が面白いのは、“エロス”というテーマを3人がそれぞれ異なるアプローチで描いてることですね」

4月16日より、Bunkamuraル・シネマ、シネスイッチ銀座ほかにてロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi