米ソニー、映画版「iTunes」を立ち上げへ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年4月5日 > 米ソニー、映画版「iTunes」を立ち上げへ
メニュー

米ソニー、映画版「iTunes」を立ち上げへ

2005年4月5日 12:00

カリフォルニア州サンタモニカで行われたデジタル・ハリウッド・カンファレンスで、ソニー・ピクチャーズ・デジタル・エンタテインメント(SPDE)は、06年から、映画のオンライン提供を開始すると表明した。まずはソニーが所有する人気映画500本をデジタル化し、Movielinkを通じてダウンロード提供、その後、「スパイダーマン2」などのヒット作をMovielink以外でも提供していくという。Movielinkはソニーをはじめとする映画大手5社が共同で設立したオンライン映画配信サービス。しかしこれまで同サービスでは、限られた作品しか配信されていなかった。

ソニーが目指すのは、いまや音楽ダウンロードサイトのスタンダードとなったアップルの「iTunes Music Store」。映画を低価格でオンライン提供することにより、違法コピーに対抗しようというもの。

ちなみに、Movielinkの1作品あたりのダウンロード料金は1ドル99セント(約216円)から4ドル99セント(約545円)で、会費は無料。購入した映画は、30日間視聴できる仕組みになっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi