「ロボッツ」の監督、大照れの会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年3月29日 > 「ロボッツ」の監督、大照れの会見
メニュー

「ロボッツ」の監督、大照れの会見

2005年3月29日 12:00

主人公のロドニーとクリス・ウェッジ監督「ロボッツ」

主人公のロドニーとクリス・ウェッジ監督
[拡大画像]

先日全米公開され、初登場1位を記録したフルCGアニメ「ロボッツ」のPRのため、監督のクリス・ウェッジらが来日。3月24日、東京・六本木のグランドハイアット東京にて記者会見を行った。

本作ではユアン・マクレガーハル・ベリーといった豪華声優陣も話題だが、実は監督のクリス・ウェッジもロボット役で出演しているとのこと。「どんな役柄かやってみて欲しい」と問われると「無理だよ! ちょうどいい場面が浮かばないんだ! 本当にできないんだよ!」と大照れ。「『ロボッツ』の世界は、誰も行ったことのないロボットだけの世界だけど、主人公ロドニーの夢をあきらめない姿勢はきっと人間にも理解できるはず。その部分を楽しんでほしい」とメッセージを送った。

草なぎ剛矢田亜希子が日本語版の声優を務めることでも注目の「ロボッツ」は、8月ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi