「スター・ウォーズ」3Dバージョンが公開へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年3月22日 > 「スター・ウォーズ」3Dバージョンが公開へ
メニュー

「スター・ウォーズ」3Dバージョンが公開へ

2005年3月22日 12:00

日本公開もよろしく「スター・ウォーズ」

日本公開もよろしく
[拡大画像]

ジョージ・ルーカスが、「スター・ウォーズ」シリーズ全作品を、テキサス・インスツルメンツ社と共に3D映画としてリマスターし、再上映すると発表した。映画配給会社と興行主向けに毎年ラスベガスで行われるイベント、ショーウエストで、デジタル3D映画のプロモーションに参加したルーカスは、30周年を記念して、07年に「スター・ウォーズ」(エピソード4)の3Dリマスター版を公開し、その後、毎年1作ずつ3D版をリリースしていく予定だという。

パネル・ディスカッションには、ルーカス監督のほかに、ジェームズ・キャメロン監督、ロバート・ゼメキス監督、ロバート・ロドリゲス監督らが参加し、3D映画の魅力についてそれぞれアピールした。現在キャメロン監督は、3D映画「バトル・エンジェル」のプリプロダクション中で、ゼメキス監督は3D映画2作品を準備中。ロドリゲス監督は今夏全米公開される3D映画「The Adventures of Shark Boy & Lava Girl in 3-D」の仕上げの真っ最中だという。

ショーウエストでは、「エピソード3/シスの復讐」の冒頭6分間の映像も公開された。ルーカス監督によれば、「エピソード1」とは違い、より感傷的になるという。「『タイタニック』の宇宙版のように描いたんだ。本当に哀しい話だよ」と語り、ライトセーバーではなく、ティッシュペーパーを持参して欲しいとコメントした。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi