ジョニー・デップ、イラクの核研究者の手記を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年3月15日 > ジョニー・デップ、イラクの核研究者の手記を映画化
メニュー

ジョニー・デップ、イラクの核研究者の手記を映画化

2005年3月15日 12:00

米バラエティ誌は、ジョニー・デップの製作会社インフィニタム・ニヒルと、その親会社にあたるイニシャル・エンタテイメント・グループが、イラクの核研究者によって書かれた手記「The Bomb in My Garden: The Secrets of Saddm's Nuclear Mastermind」の映画化権を獲得したと伝えた。同書は、サダム・フセイン統治下のイラクで核開発に携わっていたマハディ・オバイディとピープル誌の海外特派員であるカート・ピッツァーによって執筆され、ニューヨーク・タイムズ紙に掲載されたノンフィクション。

映画では、フセイン逮捕後、アメリカ側に機密情報を伝えようとしたオバイディが、CIAやその他の政府機関から信じてもらえなかったことや、イラク内部から、反乱者として口封じのため暗殺されそうになったオバイディと家族を、無事国外へ脱出させようとするピッツァーの行動に焦点をあてたものになるという。

デップ自身が出演するかどうかは未定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi