「アメリ」の監督、パリのカフェでは不審人物? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年3月15日 > 「アメリ」の監督、パリのカフェでは不審人物?
メニュー

「アメリ」の監督、パリのカフェでは不審人物?

2005年3月15日 12:00

セザール賞のトロフィーを持参した ウリエル(右)とジュネ監督「アメリ」

セザール賞のトロフィーを持参した
ウリエル(右)とジュネ監督
[拡大画像]

アメリ」で一世を風靡したジャン=ピエール・ジュネ監督がオドレイ・トトゥと再びタッグを組んだ「ロング・エンゲージメント」のPRのため、トトゥの相手役であるギャスパー・ウリエルと来日、3月11日、東京・新宿のパークハイアット東京にて会見を開いた。

全仏のベストセラー小説を、準備期間8カ月、撮影期間6カ月かけて完成させた本作は、フランス映画としては異例の製作費とスケールを持つ大作となり、セザール賞では最多5部門を受賞、アカデミー賞でも2部門にノミネートされた。ジュネ監督は「大作ゆえに責任も大きいので準備には時間をかけ、予算をオーバーしないよう心がけた」と語り、「原作を忠実に再現しつつも、単に映画化するのではなく、いかに個人的なアイデアを盛り込むかに気を遣った」と作品の出来に自信を見せた。

一方、ウリエルはジュネ監督との初仕事の感想を「監督とは事前に十分に話し合うことができたから、自分が何を求められているか分かって仕事がしやすかった」と語り、共演のトトゥについても「すごい集中力で、それに啓発されて僕自身演技に集中できた」と絶賛した。

さらにジュネ監督は、「アメリ」に登場したカフェでのエピソードも披露。「『アメリ』以降カフェの主たるお客さんは日本人観光客で、この前もカフェにいたら2人の日本人女性が、クレームブリュレをコツコツと割る様子を写真に撮っていたよ。隣でその光景を見ていたら、どうやら自分が監督だということに気づかなかったらしくて不審な目で見られちゃってね」と会場の笑いを誘った。「ロング・エンゲージメント」は全国公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi