“カリスマ主婦”マーサ・スチュワートが出獄 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年3月8日 > “カリスマ主婦”マーサ・スチュワートが出獄
メニュー

“カリスマ主婦”マーサ・スチュワートが出獄

2005年3月8日 12:00

インサイダー取引疑惑をめぐる司法妨害罪などで実刑判決を受けた米国のカリスマ主婦、マーサ・スチュワートが4日、禁固5カ月の刑期を終え、ウエストバージニア州の連邦刑務所を出所した。スモークシールド付きの車で迎えられた彼女は、そのまま近くの空港からプライベートジェット機に搭乗し、2時間後にはニューヨークの豪邸に到着。今後5カ月間は自宅で保護観察を受けることになる。ただし週48時間は、電子監視ブレスレットをつけ、仕事のための外出が認められる。

有罪判決を受けたスチュワートは、自身の会社「マーサ・スチュワート・リビング・オムニメディア」のCEOに復帰することはできないが、クリエイティブ・ディレクターとして影響力を発揮することは可能だ。また、不動産王ドナルド・トランプを起用した人気リアリティ番組「The Apprentice」のスピンオフ番組企画がマーサ・スチュワート出演で進行中で、人気回復は時間の問題のようだ。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi