レオとスコセッシ、そろって来日キャンセル : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年3月1日 > レオとスコセッシ、そろって来日キャンセル
メニュー

レオとスコセッシ、そろって来日キャンセル

2005年3月1日 12:00

「アビエイター」撮影時の ディカプリオとスコセッシ「アビエイター」

「アビエイター」撮影時の
ディカプリオとスコセッシ
[拡大画像]

本年度アカデミー賞で最多5部門を受賞した「アビエイター」の主演レオナルド・ディカプリオと、マーティン・スコセッシ監督の、今月に予定されていた来日プロモーションが中止になった。実現していれば02年の「ギャング・オブ・ニューヨーク」以来3年ぶりの来日となっただけに、ファンのがっかりする声があちこちで聞かれそうだ。

今回の来日中止は、アカデミー賞の結果とはもちろん無関係。理由としては、ディカプリオ主演、スコセッシ監督の次回作「ザ・ディパーテッド」の撮影準備が早まったことが挙げられている。この作品は香港映画「インファナル・アフェア」のリメイクで、先日、ジャック・ニコルソンの出演決定が報じられたばかり。ディカプリオとスコセッシは、この後にも黒澤明監督の「酔いどれ天使」のリメイクでもコンビを組む予定で、こちらの脚本は「アビエイター」のジョン・ローガンが担当する。今年のオスカーでは2人とも受賞できなかったが、まだまだチャンスはありそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi