「ビー・バップ・ハイスクール」の那須監督死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年3月1日 > 「ビー・バップ・ハイスクール」の那須監督死去
メニュー

「ビー・バップ・ハイスクール」の那須監督死去

2005年3月1日 12:00

仲村トオル清水宏次朗主演の「ビー・バップ・ハイスクール」シリーズや、昨年公開され大きな反響を呼んだ永井豪原作の傑作漫画の映画化「デビルマン」の監督として知られる那須博之監督が、2月27日に肝臓がんのために亡くなった。享年53歳。

那須監督は東大卒業後、76年に日活に入社。数本のロマンポルノの助監督を務めた後、82年に「ワイセツ家族・母と娘」で監督デビュー。85年、フリーとなって東映で監督した「ビー・バップ・ハイスクール」が大ヒット、人気監督の仲間入りした。その後は薬師丸ひろ子主演「紳士同盟」、玉置浩二主演の「右曲がりのダンディー」やモーニング娘。主演の「ピンチランナー」を監督した。しかし、昨年の「デビルマン」が最後の劇場映画作品となってしまった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi